悠々として急げ

antibes.exblog.jp
ブログトップ

バリ島行くなら

友人がバリ島のウブドにヴィラをオープンいたしました。

ヴィラパドマ

全てに色々なこだわりがこめられている素敵な隠れ家ヴィラです。
ただし、宿泊は13歳以下の方はご遠慮いただいているようです。
静かな場所で穏やかにゆっくりと過ごせそうですね。
私もはやく行ってみたい。

バリ島には以前一度行ったことがありますが、
その中でもウブドはライステラスが広がるのんびりとした場所で、
私はとても気に入りました。
ガムラン聞いたり、トレッキングしたり、
芸術家がたくさん住んでいるので、そのアトリエのぞいたり。

f0111969_7562816.jpg


昔の写真でバリ気分を味わってみてください。
バリ料理は日本人の口にも合って、美味しいですよ〜。
[PR]
# by patisserie-miya | 2016-06-05 07:58 | その他

citron

レモンのマーマレード作りました。

f0111969_21535514.jpg


国産無農薬レモン使ってます。

ワタの部分を取り除いてあるので、レモン特有の苦みはありません。
加熱時間は短めで、レモンの風味と香りが生きています。

炭酸で割ったり、ヨーグルトに入れたり、ドレッシングに混ぜたり、
色々と楽しめます。
ご賞味ください。

皮を手作業でせっせと刻んだせいか、マーマレードが出来上がって、
この写真を撮る時には指がうまく動かせず、ピンぼけ写真になってしまいました。
はっきりしない写真で申し訳ありません。
[PR]
# by patisserie-miya | 2016-06-01 22:01 | お菓子

「胡蝶の夢」

ようやく読み終えました。
司馬遼太郎著「胡蝶の夢」

この小説はまさに司馬さんの「寄り道」が絶賛発揮されており、
読むのに非常に時間がかかりました。

松本良順、島倉伊ノ助(司馬凌海)、関寛斎
この3人の蘭方医の話を中心に幕末の医学界が描かれています。

こんなことが本当にあったんだなあと驚きの連続でした。
3人ともかなり個性的な人ですが、
中でも伊ノ助は多分今だったらいわゆるアスペルガー症候群ではないかと思われる人で、
エピソードすべてがぶっ飛んでいて、かなり笑えました。
読んでいて司馬さんの伊ノ助への愛を感じました。

医学は日進月歩の世界ですが、結局は幕末の頃と変わらず、
大切なのは「衛生と養生」なのかなと思いました。

なんだかまとまりのない感想文になってしまいました…。
私の文章読むより、「胡蝶の夢」をご一読ください。
[PR]
# by patisserie-miya | 2016-05-27 16:24 |

GW

明日から世間はゴールデンウイーク。

当店はカレンダー通りに日曜と祝日のみお休みです。

4月30日土曜日、5月2日月曜日は通常営業いたします。

どうぞよろしくお願いいたします。


f0111969_16361086.jpg


庭の山椒の木。たくさん新芽が出てます。タケノコとボンマリアージュ!!
[PR]
# by patisserie-miya | 2016-04-28 16:40 | お知らせ

見納め

明日は雨のようなので、今日で桜は見納めのようです。
今年も目を楽しませてくれました。

それにしても「阪急電車と桜」って「JR車両と桜」よりよく似合う。
やはりあの車体のマルーン色がいいんだろうな。

阪急電車と桜の写真があれば良かったのですが、
うまく撮れなかったので、違う場所のをアップしときます。
ポケデジカメラで撮影したので、なんだか懐かしい雰囲気に仕上がりました。

f0111969_16262013.jpg

[PR]
# by patisserie-miya | 2016-04-06 16:32 | その他

お彼岸

母手作りの牡丹餅。

f0111969_16192878.jpg


玄米もち米で作ってくれるので、プチプチとした噛みごたえがあり、
とても美味しいのです。

ちなみに玄米はもち米でもうるち米でも2日間冷蔵庫で浸水させてから、
圧力鍋で炊いています。

連休は久しぶりの友人達と会って、食べて、飲んで、非常に楽しく過ごせました。
「会う」っていいものだとしみじみと思いました。
まだ私達は彼岸ではなく、此岸にいるんだから、会える時に会いたい人には会っておくべきですね。
[PR]
# by patisserie-miya | 2016-03-21 16:24 | その他

charcuterie

f0111969_1093283.jpg



先月「はじめてのシャルキュトリー」(上田淳子著)という本を買い、
すっかりシャルキュトリー作りにハマっています。

シャルキュトリーとはフランス語で豚肉加工品のこと。

ハムやソーセージ、パテなどの作り方が詳しく書かれており、
家庭でも挑戦しやすいレシピが載っています。
パプリカパウダーとチリペッパー入れてチョリソー風にしてみたり、
松の実やローズマリー刻んで入れてみたりして、アレンジも楽しんでいます。

市販のハムやソーセージはアミノ酸結着材料、リン酸塩(Na)、カゼインNa、調味料(アミノ酸等)、PH調整剤、酸化防止剤(ビタミンC)、ラック色素、発色剤(亜硝酸Na)などが入っており、
口に入れるのは抵抗があります。

でも家で作ると、そういった添加物を入れないので安心して食べる事ができます。
自分で作ってみて豚肉って脂身が一番美味しいと改めて感じたので、
健康のために食べ過ぎないように気をつけようと思いました。

美味しいものを少しずつ。
これはお菓子も同じ事だと私は思います。
バターや卵を使わないお菓子もあるけれど、私は癒されないし、疲れも取れないし、満たされない。
「一口の贅沢気分」を味わうのはやはりバターや砂糖の入ったカロリーの高いものだと思います。
[PR]
# by patisserie-miya | 2016-03-13 10:38 | 料理

司馬遼太郎

昔「空海の風景」を数ページで断念してしまって以来、
司馬作品は避けていたのですが、
今年は司馬遼太郎の没後20年ということで
再チャレンジしてみました。

読んでみたのは「項羽と劉邦」と「梟の城」
以前読了できなかった理由は
史学の造詣が非常に深い司馬さんならではの脱線に頭が付いて行けなかったからです。
小説の途中に突如論文が出てくる感じで、自分の集中力が続かないのです。

「項羽と劉邦」は論文箇所はときたま出て来るのですが、
中国歴史のスケールの大きな話が非常に興味深く、最後までワクワクしながら
読む事ができました。

「梟の城」は忍者の話で、初期作品ということもあってか
論文箇所はほぼなかったのですが、
最後の最後に「石川五右衛門イコール忍者」説の記述があり、
「へー、面白いな」と思いました。

これを機に他の司馬作品にも手を出してみようかなと思ってます。
[PR]
# by patisserie-miya | 2016-03-08 21:59 |

国産レモン!!

f0111969_16352283.jpg


鈴なりのレモン。もちろん無農薬。

皮も実も使って色んなケーキ作っています。
レモンシフォン、レモンのタルト、レモンサブレ。

f0111969_16341259.jpg

これはレモンサブレです。


最近酒粕のマカロンも作っています。
f0111969_16345019.jpg

アルコール分が残っているので本当にお酒が体に合わない方には
おすすめできませんが、我ながら上々なる出来映えですので、
珍しいもの好きな方は一度はぜひ召し上がってみてください。
[PR]
# by patisserie-miya | 2016-02-13 16:43 | お菓子

甘納豆

大納言小豆で甘納豆を作ってみました。
f0111969_14203813.jpg


甘納豆は買うものだとばかり思い込んでおりましたが、
自分で作ってみるとわりとすんなりと作ることができました。
もちろん時間と手間はかかりますが、柚子皮のコンフィほどではありません。

この自家製甘納豆を使ったケーキやパンを最近作ってます。
八丁味噌を練り込んだパンやマーブル抹茶シフォンなどなど。
f0111969_14195472.jpg

[PR]
# by patisserie-miya | 2016-01-17 14:28 | お菓子