悠々として急げ

antibes.exblog.jp
ブログトップ

しあわせの雨傘

先日「しあわせの雨傘」という映画を観に行ってきました。
監督はフランソワ・オゾン、主演はカトリーヌ・ドヌーブ。
カトリーヌ・ドヌーブがジャージ姿でランニングするシーンから始まるのですが、
彼女はどんな格好しててもその存在感と貫禄がすごいです。
ストーリーはわりとあっさりしてて、笑えました。
映画館で映画を観るのはいいものです。
f0111969_16564513.jpg

# by patisserie-miya | 2011-01-20 17:01 | その他

プレゼントしたい・されたい絵本

とってもかわいい絵本があります。
絵本といっても大人向けです。

文・小山薫堂、絵・セルジュ・ブロック
「いのちのかぞえかた」

人生の色んな数字がかわいらしいイラストとともに描かれています。
フランス語も併記されていて、短くて簡単なのでフランス語を勉強中の方や
出産祝いなんかにもぴったりだと思います。
f0111969_11353877.jpg

# by patisserie-miya | 2011-01-16 11:40 |

Bonne Année !!

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

お正月は例年通り、ほとんど家から出ず、お節料理を食べて、お酒を飲んで過ごしました。
久しぶりに栗きんとんを作ったのですが、とてもおいしくできて、10ヶ月の甥っこも食べてくれたので、うれしかった。

ようやく年末に録画しておいた「M-1」も鑑賞することができ、満足。
かなり「スリムクラブ」がおもしろかったです。
人を笑わせるというのは泣かせるよりも難しいと言いますよね。

私も今年もおいしいお菓子とパンを作って人を幸せにしたいと思います。
# by patisserie-miya | 2011-01-04 12:21 | その他

内祝い!?

友達から出産の内祝いをいただきました。
開けてびっくり、アイシャドー!!
「通常のお菓子やタオルはいらないだろうし、絶対に使ってもらえるものを…」とのメッセージが入っていました。
確かにそうだよなあと感心しました。
もらってうれしいものが何よりです。
f0111969_1804776.jpg


贈り物って自己満足になりがちだけれど、やはり相手のことを考えて贈るのがいいですね。
相手のことを考えながら、時間をかけてプレゼントを選ぶのはなかなか楽しいことです。
# by patisserie-miya | 2010-12-12 14:08 | その他

篠山

12月とは思えぬほどの暖かくよく晴れた日に丹波篠山へ。
丹波黒大豆を買ってきました。

店先には黒大豆を干したものが飾られていました。
f0111969_15592313.jpg

日本人なのでつい「新豆」を買ってしまいそうになるのですが、
ゆっくりと乾かした去年の豆の方がお味はいいそうです。

お正月にいただくために年末ゆっくりと煮豆を作りますが、私はそれ以外にも玄米ご飯を炊く時に煎った黒大豆を入れて毎日食べています。
ホクホクとしていて、とっても美味。
黒豆の色がご飯にうつるので弔事の時に食べられるそうですが…。
# by patisserie-miya | 2010-12-05 16:05 | その他

タルトタタン続き

先日の続きです。
パイ生地を乗せてさらに焼いたところです。
f0111969_1749407.jpg


ひっくり返して型から外します。
f0111969_17501573.jpg


リンゴの持つペクチンにより固まるのです。
リンゴがぎゅーっと凝縮した甘酸っぱい味のタルトタタンのできあがりです。
濃いめのストレートの紅茶とよく合います。
もちろんカルバドスとも♫
ご来店お待ちしております。
# by patisserie-miya | 2010-11-15 17:52 | お菓子

紅玉到着

山形県の大山農場より葉取らず紅玉が到着しました。
今年は猛暑の影響で二週間ばかり遅く、小玉のようです。
f0111969_16333886.jpg

でも実はしっかりとしまっており、例年通り完熟でそのまま食べてもおいしい。
f0111969_16352076.jpg


タルトタタンを作る行程をちょっとだけ紹介します。
一台につき、リンゴを6〜7個入れて、砂糖をふりかけます。
f0111969_163771.jpg

これをオーブンで2時間ほど焼きます。
すると…山盛りだったリンゴが型の半分ぐらいに!!
f0111969_16384019.jpg

# by patisserie-miya | 2010-11-11 16:41 | お菓子

滋賀逍遥

滋賀県立近代美術館で行われている白州正子「神と仏、自然への祈り」展を見に行ってきました。
美術館は瀬田駅近くの文化ゾーンと呼ばれている広い公園の中に図書館などとともに建っています。
公園の木々はもうすっかり色づいており、ポプラの大木がきれいでした。
f0111969_6132582.jpg


白州正子が感銘を受けた仏神像や宝物などが彼女の随筆とともに展示されています。
中でも円空作の「木造十一面観音立像」が愛らしくて素朴で心惹かれました。

その後琵琶湖畔の「行楽庵」で昼食をいただきました。使われている器も盛りつけもお味も最高です。出汁がどのお料理にも効いていて、どれも一見オーソドックスのようですが、柿の胡麻クリーム和えにピスタチオが散らしてあったり、意外な取り合わせもとても参考になります。(作れないけど…)一品一品大変丁寧にまったく手を抜くことなく心込めて作られているんだなあとひしひしと感じられるお料理でした。そしてコストパフォーマンスが高い。「こんなのをこんな値段でいいんですか??」感動をありがとうございました。次回は夜にお酒飲みながらいただきたいです。

最後は石山寺へ。
硅灰石と多宝塔。ちょっとカッパドキアみたいです。紅葉にはあとちょっとでした。
f0111969_6211135.jpg

本堂で色々祈願。
f0111969_6221940.jpg

# by patisserie-miya | 2010-11-07 22:10 | その他

再読のススメ

開高健の小説「輝ける闇」を久しぶりに再読しました。以前読んだのは大学時代だったからもう15年ほど経っています。


ベトナム戦争について、当時は何も知識がなく、どちらが勝利したのかさえ曖昧でした。
15年の間にベトナム旅行して、戦争の跡地やベトコンの地下道を見学したり、他の人の書いたベトナム戦争についての本読んだり…などなどベトナム戦争についての知識を増やすこと以外にも社会にでたり、留学したりと色んな体験しました。


そして今改めてこの本を読むと以前理解できなかったり、意味不明だったりした箇所がすとんと胸に落ちてきました。
また何年後かに読むときっと感想が変わってくるんだろうなと思います。
この本は「ベトナム戦争」について書かれていますが、その他の箇所も大変印象深いです。


例えば、ベトナム人の青年が日本人の作家に日本について質問する箇所

東京はどういう町かについて

「大きな町だね」
「それから?」
「人と自動車と家でいっぱいなんだ」
「よく聞きます」
「すぐ熱くなってすぐ冷たくなる。最新型なら何にでもとびつくね。でも三ヶ月で飽いちゃう。何でも三ヶ月だ。あまりたよりにするな」
「それから?」
「朝から晩まで自分のことばかり喋ってる」
「それから?」
「敏感だが冷血だ」
「それから?」
「それでおしまい」
豊富で貧しく、華麗で醜悪、軽薄で精悍な東京


読書の楽しさはその時の自分の状況や環境、気持ちによって、読んで受け取る印象が変わってくることもあると思います。
# by patisserie-miya | 2010-11-03 21:48 |

茨城県の酒井栗園の栗。
f0111969_1544460.jpg

3L玉。めちゃめちゃ大きいです。
これを乾燥させないように気をつけながら、そして渋皮に傷をつけないようにせっせと剥きます。
f0111969_1545316.jpg

渋抜き作業。重曹入れて、煮て、洗って、筋取って、を3回繰り返す。
最後は重曹入れずに煮ます。
柔らかくなってたら、ワインと砂糖でゆっくりと煮ます。
# by patisserie-miya | 2010-10-30 15:50 | お菓子