悠々として急げ

antibes.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

白夜を旅する人々

三浦哲郎の「白夜を旅する人々」を読んだ。

三浦氏は兄2人と姉3人がいる6人兄弟の末っ子。
その兄2人は失踪、長姉と次姉は自殺、三番目の姉はアルビノ(長姉もアルビノ)。

この「白夜を旅する人々」はご自身の家族をモチーフにした小説です。
よく世間で言われる「私小説」とは違い、「純文学」といった感じを受けました。

テーマだけ聞くと重苦しい話のように思われるかもしれませんが、
文章がとても美しく、東北地方の方言や風景描写が生き生きとして、
そして何よりも三浦氏の兄姉に対する愛情や敬慕がしみじみと伝わって来るのです。

三浦氏が物心ついた時にはすでに5人の兄姉のうち3人がいなくなっていたので、
より「文学」へと昇華させることができたのではないかなと思いました。

長編小説ですが、読み始めると止まりません。
ぜひ。




[PR]
by patisserie-miya | 2017-02-26 10:45 |

最近のパン part2

パンの紹介第二弾

チョコナッツ
ビターチョコレート、サルタナレーズン、ヘーゼルナッツをカカオたっぷりの生地に入れたハード系パン。コーヒーとしみじみよく合います。
f0111969_17215895.jpg

紫芋りんごパン
種子島の紫芋をペースト状にしたものを練り込んだ生地で紅玉リンゴのコンポートを包んだ柔らかめのパン。
f0111969_17204099.jpg

紫芋三つ編みパン
紫芋クリームを卵入りのリッチな生地に巻き込んで編み上げたお菓子パン。
パン生地で三つ編み編んでると中高生の頃を懐かしく思い出す。
そして小学生の頃、帰宅すると母手作りのチョコ三つ編みパンが焼かれていて感激したのも思い出す。私がやたらに食べることが好きなのはそんな子供時代を過ごさせてもらったからなんだろうな。スナック菓子は禁止だったなあ。食べてたけど…。
f0111969_17211664.jpg

[PR]
by patisserie-miya | 2017-02-09 13:49 | パン

チョコレート系

バレンタインデーがひたひたと忍び寄ってきています。
寒い季節にはチョコレートを体が求めてしまいます。
そんなわけで、チョコレート系のお菓子をいくつかご紹介します。

f0111969_16092469.jpg
チョコレートスコーン
ビターチョコレートとミルクチョコレートチップが入ってます。
横半分に割って、軽くトーストするとチョコチップがトロけて美味しいです。
あまり甘くありませんので、パン代わりにもなります。卵不使用です。


f0111969_14592987.jpg
ブラウニー
香ばしいクルミがたーっぷりと入っています。
マダガスカル産のヴァニラビーンズを加えているので、
嗅覚で「甘い」と感じますが、実際はそんなにお砂糖は入っていません。


f0111969_15000216.jpg
ショコラオランジュパウンド
フランスのビターオレンジピールとサルタナレーズンを
グランマニエ(オレンジコニャック)で漬け込み、
焼き上がりにもグランマニエを塗っています。
大人の味わいです。

[PR]
by patisserie-miya | 2017-02-02 15:12 | お菓子