悠々として急げ

antibes.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「胡蝶の夢」

ようやく読み終えました。
司馬遼太郎著「胡蝶の夢」

この小説はまさに司馬さんの「寄り道」が絶賛発揮されており、
読むのに非常に時間がかかりました。

松本良順、島倉伊ノ助(司馬凌海)、関寛斎
この3人の蘭方医の話を中心に幕末の医学界が描かれています。

こんなことが本当にあったんだなあと驚きの連続でした。
3人ともかなり個性的な人ですが、
中でも伊ノ助は多分今だったらいわゆるアスペルガー症候群ではないかと思われる人で、
エピソードすべてがぶっ飛んでいて、かなり笑えました。
読んでいて司馬さんの伊ノ助への愛を感じました。

医学は日進月歩の世界ですが、結局は幕末の頃と変わらず、
大切なのは「衛生と養生」なのかなと思いました。

なんだかまとまりのない感想文になってしまいました…。
私の文章読むより、「胡蝶の夢」をご一読ください。
[PR]
by patisserie-miya | 2016-05-27 16:24 |