悠々として急げ

antibes.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

メロンパンなのか?

f0111969_1551722.jpg


↑このパンを私はメロンパンと呼ぶのですが、みなさんはいかがでしょう?

お客様の一人に「これはメロンパンではなくサンライズじゃないの?」と言われたのです。

その方によれば、メロンパンとは白あんが中に入っていて、
楕円形のラグビーボールを縦半分に割ったような形のパンを指すのだとか…。

そういや小学生の頃にそういうパンが存在したような気がするし、
「サンライズ」って呼称のパンもあったような気がするとぼんやりと思い出しましたが、
それでも私は2013年現在、このパンを「メロンパン」と呼ぼうと決心いたしました。

ちなみに「サンライズ」って干しぶどうが入っていたような曖昧なる記憶があるのですが、
どうだったんだろう。モヤモヤする。

大切なパンの説明を書くのを忘れるところだった…。
この写真は「桜のメロンパン」だったのでピンク色ですが、
普段のメロンパンはレモン風味です。

昔近所のパン屋のメロンパンは確かメロンの香りを付けてたなあ。
だから味も形も「メロンパン」なんだ〜と納得してたんだけど。
[PR]
by patisserie-miya | 2013-04-24 16:04 | パン

春の京都

先日京都国立博物館へ「狩野山楽・山雪」展を見に行ってきました。

f0111969_16275253.jpg



ほとんどが屏風絵や襖絵なので、作品がとても大きく圧倒されました。
狩野派にも徳川幕府御用絵師の「江戸狩野」と京都の「京狩野」があるということは
私はまったく知らなかったのですが、
今回展示されている狩野山楽・山雪は後者の「京狩野」の初代と二代だそうです。

山楽の絵も素晴らしいのですが、山雪の作品には感動しました。

山雪は画面構成がなんともモダンで、かつ繊細でびっくりするほど細部にまで
こだわりぬいて描かれています。
かと思うと墨のみの軽やかなタッチで描かれる色んな状態の雪の景色の水墨画には脱帽です。
また動物の絵では猿の毛並みを墨のにじみで表現されていて、
思わず触ってみたくなるようなふわふわ感を出していたり、
虎や龍の表情にはちょっと笑えてきたり。

絵はやはり実物を自分の目で見るのが一番ですので、私のだらだら感想はここまでにします…。
この展覧会は5月12日までで巡回もしないようなので、関西地方の方はぜひぜひ見に行ってください。
京都国立博物館は「込んでる」イメージですが、今回はまったく待ち時間もなく、
ゆったりと楽しむことができました。大変見応えのある展覧会で満足して帰途につきました。
[PR]
by patisserie-miya | 2013-04-15 17:52 | その他

今、話題の…

f0111969_1753557.jpg


そう、今ちまたで話題の大麦です。

水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も豊富、他にもビタミンB群やミネラルも含まれており、
胃腸の機能を高め、消化を促進してくれる食材。
コレステロール値を正常にし、血糖値も下げてくれるそうです。

このスバラシイ大麦を
食物繊維とポリフェノールが含まれているカカオとともに
パンに練り込んでみました。

f0111969_17532219.jpg


もちもちしてて、腹持ちも良く、ダイエットに効果的!!しかも美味しい!!
感動した!!大麦万歳!!
[PR]
by patisserie-miya | 2013-04-13 18:02 | パン