悠々として急げ

antibes.exblog.jp
ブログトップ

群像

f0111969_16112633.jpg
寝る前に少しずつ読んで、ようやく読み終わった「群像短編名作選」
54編の作品が掲載されています。
1964年の三島由紀夫から2014年の川上弘美まで年代順に並んでいます。

文芸誌というものを初めて買ってみた。
読んだことのある作家から、まったく知らなかった作家まで、
色んな文章に出会うことができて、こういう読書の仕方もいいなと感じました。

この中で初めて読んでみて、おもしろかったのは

安岡章太郎「悪い仲間」
三浦哲郎「拳銃」
吉村昭「メロンと鳩」
津島佑子「ジャッカ・ドフニー夏の家」
角田光代「ロック母」
川上未映子「お花畑自身」
筒井康隆「大盗庶幾」
藤野可織「アイデンティティ」

短編でスルスルと読めるので、ご興味があればぜひ。

読書も食わず嫌いはもったいないと思いました。
今年もたくさんの良き本に出会えますように。

[PR]
by patisserie-miya | 2017-01-08 16:21 |